ホワイトニング

白く輝く歯でより魅力的に

歯をマニキュアに頼らず白くします。歯のくちびる側の面が虫歯にかかっていなければ、神経のない歯でも、ある歯でもより白く美しくできます。

ホワイトニングは、歯髄(主に歯の中の神経)が生きている場合と死んでいる場合とでは、その方法が違います。う蝕(虫歯)がほとんど見られず、歯髄が生きている場合は、いわゆるマウスピースのようなトレーを作り、その中の薬を入れ替えることを繰り返します。

トレーを作るのは歯科医院で行いますが、薬を入れ替えることは患者様自身が家に帰って行えるので、治療時間がかかりません。この方法を「ホーム・ブリーチング」といい、歯を削らずに行うことができます。

ホワイトニング(ブリーチング)について

歯をクリビル側から見た場合、ほとんどう蝕(虫歯)が無くても、現在の歯より白くしたい場所に行います。

歯の内部に「➀歯髄が生きている場合」と、「➁歯髄が死んでいる場合」は、その治療法が違います。

➀の場合は透明なトレーを作り、その中に漂白剤の一種を入れ、繰り返し自宅でその薬液を交換していただきます。
これを「ホームブリーチング」といいます。

当院では、この方法で治療を行っております。
治療は患者さんが納得のいく白さになったら終了となります。

ホームブリーチングをして歯が知覚過敏を起こした方は、ブリーチを一時中断して、知覚過敏を鎮める薬剤に変えることもあります。

ホワイトニング(ブリーチング)について

➀の歯髄のある歯のホームブリーチングの治療費は、上顎と下顎の顎単にで一式32,780円からとなります。
その後の追加の薬品代は2,420円からとなります。

上顎と下顎の顎単 一式 32,780円
利用後の追加薬品代 2,420円

歯髄が死んでいる場合

➁の場合は、歯根の処置である根管治療を行ってから、歯の裏側から漂白剤の一種を繰り返し入れていただきます。
治療費は第一回目が29,000円から、第2回め以降は14,500円からとなります。

1回目の治療費 29,000円
2回目以降の治療費 14,500円

ページトップへ戻る