インプラント 症例1|茨城県水戸市の歯医者

0292268211

image

症例紹介

インプラント 症例1

インプラントは、研究も進み、現在では大変安全な治療法となりました。自分の歯と変わりなく食事をすることができます。しかし、この治療法には、断層X線写真を含む充分な研鑽を行って、骨の構造に問題のない患者さんに行います。

 

pic_implant01

図1

インプラントを行う前の下顎の状態。右側に4本、左側に2本の歯が抜いたままになっている。(2005.3.28)

pic_implant02

図2

インプラント治療が右側に4本、左側に2本入れて完成した状態。初診から約2年後。(2007.2.26)

pic_implant03

図3

右側に入れたインプラントのX線像。術後約10ヶ月。(2006.4.10)

pic_implant04

図4

右側に入れたインプラントの口腔内写真。術後約1年9ヶ月。(2003.2.2)

pic_implant05

図5

左側に入れたインプラントのX線像。術後約3ヶ月。(2006.4.10)

pic_implant06

図6

左側に入れたインプラントの口腔内写真。術後約1年2ヶ月。(2007.2.26)

※掲載されている症例はすべて当院院長今井文彰が治療したものです。

ページトップへ戻る